株式会社マルト水谷

「目の前の商品を売る」ではなく、
「お店が繁盛すること」が着地点。

recruit

僕は、営業部の中でも「食品営業」が主で、基本的にはお客様の元を訪問し、どんな食品やサービスがあるかの商談をする仕事です。ですが、単純に新商品をご紹介するだけではありません。最終的な目的は「目の前の商品を売る」ことではなく、「お客様のお店が繁盛する」こと。そのため、お店の業態が違えば、もちろん提案内容もガラリと異なります。「飲食店様の繁盛」を一番に考えた時、外食業界のプロとしてどんな支援や提案ができるか、という点に重点を置き、日々営業活動をしています。

業界やトレンドを押さえた分析と、
店ごとに異なる繁盛支援を。

弊社は年に1回「FOODNAVI」というイベントを開催しています。これは、業界最大規模の外食の展示会・見本市で、弊社はこの展示会で、外食業界のトレンドを分析した様々なテーマを設け、新メニューなどをお客様へ提案しています。
また、実際に繁盛しているお店で食事をして研究し、そこから自己分析したものをお客様へお伝えするのも我々の仕事。味や居心地はもちろん、メニューの展開や幅広さ、器づかいや盛り付け方、さらに接客応対やサービス内容など、多岐にわたる視点で、お客様の繁盛を支援するための知識や経験を蓄えています。

スタッフ画像1
スタッフ画像2

お客様の店の厨房に立つことも!
食や酒が好きな自分にぴったりな職。

僕がこの会社を選んだ理由は、単純に、食べることやお酒を飲むこと大好きだったから。魚や野菜のことを知るのが好きで、食に携われる仕事をしたかった僕にとって、とてもぴったりな仕事でした。
オン・オフもしっかりと分けているので、休みになると、山に登ったり、海に潜ったり、沖に行って釣りをしたり…と、アクティブに動きまわっています。つい最近は、沖縄本島の西にある島「久米島」へ行って、釣りを楽しんだりもしました。各地へ行くと、そこでおいしいものを食べることもできますし、そういう経験は自然と仕事に活きてくるのも嬉しいですね。
野菜や魚などはとても興味深く、今は「日本さかな検定」も取得しました。これまでも、お客様の厨房に立って、一緒に試作をしながらメニュー開発をしたことも。和気あいあいとした雰囲気の中で、お客様の飲食店経営に携わっていけることが喜びです。

1日のスケジュール

8:00 11:00 12:00 13:00 16:00 17:00

出社して朝礼を終えたら、各店舗から寄せられている要望質問事項などをまとめます。午前のうちに、午後の商談用の資料も作成します。

お客様との商談だけでなく、取り引きのある食品メーカーとの打ち合わせが入る日も。業界のリサーチも兼ねて、担当者と話をします。

ランチは、訪問やヒヤリングを兼ねて、お客様の飲食店を訪れることがほとんど。要望や悩みを聞き出し、次の商談につなげます。

お客様の飲食店を訪問。新商品のパンフレットや、新サービスの紹介だけでなく、その店のために作った個別の提案書なども持参します。

「何かいい新メニュー考えてよ」とお声がかかっていたお店へ、資料を持って訪問。一緒に厨房に立ってメニューの試作をすることも。

夕方以降は飲食店もどんどん忙しい時間帯に入っていくため、あまり遅い時間まで訪問はせず、定時を目安に会社へ戻ります。

広い視野でのプロデュースで、
飲食店様の繁盛から我が社の発展へ。

現状、弊社は酒類だけでなく、様々な食品もご提案していますが、生鮮食品だけは現在専門外なんです。ですが、今後は会社として、生鮮食品も提案できるようになりたいと思っています。弊社の流通システムがあれば、良い商品をいち早くお客様にお届けすることができると確信していますし、生鮮食品までご提案できれば、仕入れのほとんどをカバーすることができ、今よりももっと、繁盛支援や店舗のプロデュースができると思います。
そのほかにも、お客様からの要望や期待の声も多くいただいていますので、それらを一つずつ丁寧に解決していきたいです。お客様のお店の繁盛支援から、自然と我が社の発展へとつなげていける、その一翼を担う存在になりたいです。

スタッフ画像3
他の社員も見てみよう