株式会社マルト水谷

実際にビールを飲む消費者へ、
速達生の魅力を届けています。

recruit

弊社を代表する商品「速達生」を、一般の消費者のみなさんにもっと知ってもらうための企画・PRをしています。弊社営業が、飲食店で速達生をどんどん活用していただく商談をしていただいていますが、私たちの部署のターゲットは「一般ユーザー」、つまり、消費者です。実際にビールを飲む消費者に「速達生」をもっと知っていただくための仕掛け作りをしています。速達生が、ブランドとしてもっと価値のあるものとして認識されていくために、消費者向けのイベントに出展・協賛して認知を図ったり、様々な媒体を介して消費者に広くPRをする仕事です。

管理栄養士の資格を活かせる、
飲食関連のアクティブな職を求めて。

そもそも、私がこの会社に入社したきっかけは、学生時代に取得した管理栄養士の資格を活かせるような職に就きたいと思ったからです。管理栄養士は、病院や学校、福祉施設などに就職することが多いのですが、私、ちょっと飽きっぽいので(笑)、単純なルーチンワークではなく、頭と体を動かしながらフレキシブルに仕事がしたいというのも理由で、民間企業も探していました。そんな時、見つけたのが「マルト水谷」。酒販業なのに、ペットショップにまで手を広げていることを知った時は驚きましたね。「とんでもない会社だな」と思ったのと同時に、「いろいろなことにチャレンジしていける会社なのかも」と感じました。何社か内定をいただきましたが、それが決め手でここに入ろうと決めました。

スタッフ画像1
スタッフ画像2

一大イベント「FOODNAVI」では
飲食業界のトレンドを予測・発表。

営業開発課では、速達生を消費者に広めていく活動のほか、弊社が開催している「FOODNAVI」の企画なども行っています。2015年に開催された、FOODNAVIでは、新聞や各社が発表しているデータ、メーカーさんからの情報などを総合的に分析し、トレンドを意識した5つのテーマに沿って展示・発表を行いました。
私は今回、タイ料理などのエスニックに着目し、東京で人気のタイ料理専門店へ視察に行くなどして企画を立案しました。FOODNAVIでは、そうしたトレンドを意識したパネル展示を行い、メニューの提案も行いました。実際に採用してくださる店舗さんを見かけた時や、展示会後にグルメ誌やテレビで「タイ料理がブーム!」と紹介されていた時、「ちゃんとトレンドを先取りできていたのかも!」とひと安心。同時に、自分の仕事にとてもやりがいを感じた瞬間でもありました。

1日のスケジュール

9:00 10:00 12:00 13:00 15:00 18:00

出社後、朝礼を終えたら、メールチェックや雑務処理をします。空いた時間に新たな企画を考えるなど、午前中はデスクワークが中心。

「速達生を、一般消費者にどう知らせるか」の企画会議。営業担当者や営業開発課が一緒になって、現状把握をし、意見を出し合います。

ランチは、社内にある食堂で、お弁当を食べます。同僚や先輩とも仲が良いので、みんなでワイワイと話しながらの休息タイムです。

「速達生」として協賛・出展するイベントの準備。ブース内容を考えたり、備品を手配したりと、たくさんの仕事をこなしていきます。

FOODNAVIで決めたテーマに合わせて、トレンドや繁盛店の共通項をキャッチするため、飲食店へ視察に出かけることもあります。

一日の業務を効率よくこなしたら、18時の定時を目安に退社。イベント前などは残業もありますが、基本的には定時退社も多いです。

自分にしかできない繁盛支援で、
もっと笑顔の人を増やしていきたい。

今の目標は、「速達生」をもっと消費者の皆さんに広く知っていただくこと。新鮮なビールのおいしさを知ってもらえれば、きっとそれが来店動機になり、お客様の繁盛へつながっていくと確信しています。
私自身は、まだ明確な見通しがあるわけではないのですが、管理栄養士の資格を活かして、新しい挑戦をしていきたいと思っています。大学時代に、糖尿病と食事の因果関係について研究していました。食生活が乱がちな中年男性の食事について研究していたこともあり、そういった知識を企画に活かしていきたいです。
「お客様の繁盛を支援する」ことを主軸に、自分にしかできない企画・提案をどんどんしていきたいですね。ありがたいことに、マルト水谷はそれを受け入れてくれる、とても柔軟な会社だと感じています。自分らしく、楽しく、有意義な働き方をしていけたら幸せです。

スタッフ画像3
他の社員も見てみよう